カテゴリ:PDのつぶやき( 43 )

ディズニーキャスト

ある日、2人の夫婦が東京ディズニーランドのあるレストランに訪れました。
キャストは2人を席に案内し、その後注文を受けに。
その時、夫婦はなぜか自分たちの料理とは別にお子様ランチを注文したのです。
しかし、マニュアルでは子供でないゲストにお子様ランチを提供することはできないことになっていた為、注文を聞いたキャストは戸惑いました。
なぜお子様ランチを頼むのか理由を尋ねたところ、夫婦は今日が去年亡くなってしまった娘の誕生日だと告げました。
お子様ランチを食べに行こうと約束していたものの、娘は亡くなってしまったのです。
その約束を果たす為に夫婦はレストランでお子様ランチも注文したのでした。
それを聞い たキャストはここでマニュアルを破り、自分の判断で行動を起こしたのです。
夫婦を家族でかけられる広いテーブルへ案内し、子供用の椅子まで用意。
そして、お子様ランチを提供したのです。
後日、夫婦からは感謝の手紙が届き、社内報でキャスト全員にこの行動が伝えられました。
マニュアルを破ったにも関わらず、そのキャストには多くの称賛の声。
マニュアル違反をとがめる人は誰一人としていませんでした。

このように、必ずしもマニュアルを守ればいいというわけではありません。
キャストはゲストの幸せの手伝いをする為ならば、自分の判断で思い切った決断をします。
マニュアルはあるものの、マニュアルに縛られない臨機応変なキャスト。
このような素晴らしいキ ャストがいるからこそ、ディズニーは世界一のテーマパークであり続けるのですね。
子どもが大勢遊びに訪れるディズニーランド。
ふとしたことで大泣きしてしまう子どもも少なくありません。
ある日、パーク内で1人の女の子が大泣きしていました。
親がとても困った様子で、なんとか子どもを泣き止ませようと必死な様子。
そこへ現れたのが、アリス。
アリスは女の子が泣いているのを見て、なんとひざまずいて女の子を抱き寄せました。
そして、美しい歌声で歌を聴かせてあげたのです。
女の子だけでなく、周りのゲストをも幸せな気持ちにさせたアリス。
「泣いている子どもがいたら歌を歌ってあげまし ょう」などマニュアルに載っているはずもなく、全てはキャスト自身の判断による行動。
キャスト1人1人が本気でゲストと向き合っているからこそ、ディズニーリゾートは世界最高レベルのサービスを提供できるわけですね。

ある日、東京ディズニーリゾートに一泊二日で親子が遊びにきました。
父親と娘の二人の親子。
母親は不幸にも事故で亡くなり、父親は娘を少しでも元気づけようと東京ディズニーリゾートに連れてきたのです。
しかし、ディズニーリゾートに連れてきたものの、娘に笑顔は戻りませんでした。
母親を失うという悲しい出来事は、娘にとってあまりにも大きな心の傷となっていたのです。
パーク 内を歩いていると、娘の心の傷がさらに開いてしまう出来事がありました。
母親に貰って大切にしていたピーターパンのキーホルダーを失くしてしまったのです。
母親から唯一貰った何よりも大切なキーホルダー。すぐに父親はキャストに相談し、閉園後、大勢のキャストがパーク内をくまなく探しましたが結局キーホルダーは見つかりませんでした。
父親はなんとか娘を励まそうとするものの、表情は曇る一方
「連れてくるんじゃなかった」。父親は後悔の気持ちに苛まれていました。
娘はホテルに戻っても失った笑顔を取り戻せないまま
そんな重苦しい空気が漂う中、部屋のドアの前に一枚の手紙が置いてありました。
親子は「一体何の手紙だろう」と開いてみると、 それはピーターパンからの手紙。
ピーターパンの手紙にはこう綴られていたのです。

『君のキーホルダーは僕の宿敵フック船長が盗んでしまったんだ。で、僕が取り返したんだけど…。
君のお母さんがどうしてもそれを欲しいって言っててね、今ティンクが君のお母さんに届けに行っちゃったんだ。
これがあればお母さんはいつでも君に逢いに来れるって!だから君も納得してくれるよね。 ピーターパンより』

今まで何をしても笑顔が戻らなかった娘。
しかし、ピーターパンからの手紙は娘の笑顔を取り戻したのです。
父親もピーターパンの手紙のおかげで心から笑顔になれました。
たった一枚の手紙、たった一言のメッセージでも、人は一生忘れられないほどの感動を覚えることがあります。
ディズニーのサービスは、ただゲストを笑顔にするだけで はありません。
ゲストが一生忘れることができないような幸せをどうしたら生み出せるのか本気で考えています。
ディズニーが本気でゲストと向き合っているからこそ、数多くの奇跡が生まれるわけですね。

ある日、家族がディズニーランドに遊びにやってきました。
両親と2人の子ども、そしておじいちゃんの5人。
おじいちゃんは車椅子に乗っていました。
昼ごはんを終え、再び遊びに行こうとした時、おじいちゃんは自分はワールドバザールのベンチのあたりで待っていると言いました。
車椅子で行動しづらい為、家族に迷惑をかけないよう気を使ってのことでしょう。
夕方に待ち合わせの約束をし、家族4人とおじいちゃんは一 旦別れました。
おじいちゃんは待っている間、眠くなって車椅子でウトウトと眠りにつきました。
そこへ2人のキャストがおじいちゃんの元へやってきました。
車椅子のおじいちゃんが1人でいることに気付き、キャストは心配になって声をかけたのです。
おじいちゃんから事情を聞いたキャストは、「パークを一緒に回りませんか?」と言い、パークを案内しながら一周しました。
そして、待ち合わせの時間になる前におじいちゃんとワールドバザールへ戻ってきました。
おじいちゃんは自分の為に数時間もの間一緒にパークを回ってくれたキャスト2人に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
後日、おじいちゃんは感謝の気持ちを込めて、新聞にこの出来事を投書しました。

こう いった温かい行動を自然とできるキャストがいるディズニーリゾート。
世界最高のサービスは、マニュアルではなく人が作り出しています。

[PR]
by rock_bell | 2013-02-12 20:13 | PDのつぶやき | Comments(3)

歌作り

こんばんは。
今日から、また夏が来ました。
のPDです。

「歌作り」と一口に言いましても、私の場合は、別に机に向かって考え込んだり、トイレで考え込んだりするものではありません。

何かに魅かれたとき。
景観に感動したとき。
詩に魅せられたとき。
歩いてるとき。
電車に乗ってるとき。

ふと、メロディーが鳴るんですよ。
でも、一瞬のことなので、ほとんど忘れてしまいます。
そのうち思い出すのか?
果たして、それが同じものなのかどうは覚えていません。

「メロディーは、出会いです。」
もしかすると一期一会ですね。
メロディーは、時を駆けています。

生きているうちに何度も何かに出会い、生まれるメロディー。

[PR]
by rock_bell | 2012-07-23 22:19 | PDのつぶやき | Comments(0)

ディズニーワールド

こんにちは。
暑く火傷しそうな連休ですね。
ロックベル合唱団はディズニーの「小さな世界」を良く歌います。
そんなディズニーの世界観を少し紹介します。

ミーキーが出てきました。今日も元気に笑顔を届けてくれます。
c0193234_13462571.jpg

ダッフィーとミッキー&ミニーのミュージカルをみながら食事。
c0193234_13392639.jpg

ミッキーがシンデレラ城を案内しています。
c0193234_1347469.jpg

ミッキーが目立たないように小さくなって休憩です。
c0193234_13502636.jpg

ミッキー殿下が鎮座してます。
c0193234_13525385.jpg

たまには、ミニーを助手席に乗せてドライブもいいものですね。
c0193234_13563719.jpg

ミッキールームです。
c0193234_1358353.jpg

ディズニーバケーションクラブ案内。
c0193234_13584021.jpg

ディズニーバケーションクラブ専用電話。
c0193234_13592094.jpg

ディズニーミーキー所有の豪華客船は、4つあり、これは一番小さいサイズです。
一番大きいのは、全長350メートルくらいです。
c0193234_140692.jpg

ミッキーも疲れておやすみなさい。
c0193234_141127.jpg

ディズニーバケーションクラブメンバーズカード。
c0193234_143153.jpg

せっかく、抽選で2つ当たってもどちらもショーは中止でした。
c0193234_1435678.jpg

[PR]
by rock_bell | 2012-07-14 14:09 | PDのつぶやき | Comments(4)

当局電力電気料金のカラクリ

今、地震です。震度2です。
のPDです。

http://www.youtube.com/watch?v=TR7J4YB7G9U&feature=share

電気料金のカラクリ。
通常の企業は、コストダウンすることで利益を生むのだが、東電は、コストを上げれば上げるほど利益を生む仕組みなのである。だから、東電は、会社努力は出来ないのである。会社努力すると利益が減るから。
<出演>
京大原子炉実験所の小出裕章氏
立命館大の大島堅一氏
自民党衆議院議員の河野太郎氏


続きを読むに内容書き出しました





玉川
そもそも電気料金が何故こういう決め方なのか分からない
電気料金の決め方ってご存知でしたか?
色々と調べてみると奇妙なのでそのテーマで行きます

日本の電気代は先進国の中では高い方に入っています
アメリカに比べると倍なんですね

まず、総括原価方式
これが電気料金を決める元になっています
聞いたことないですよね
これっていったい何なんだ

VTR
玉川:総括原価方式ってどんなものなんですか?

大島:電気事業者の利益というのは施設の資産の量の一定の報酬率を決めて
これが今は3%なんですけれども
これで計算したものが利益になるのです

玉川:何が不思議なんですか?

大島:施設を持っていれば持っているほど利益が上がるという仕組みになっているのです

玉川:同じ電気を生むのにたとえばAというやり方だったら1兆円かかり
Bというやり方であれば5000億円というのであれば
1兆円の方が利益が高いという事ですね

大島:施設の価値が高ければ高いほど報酬が上がりますからそのように言う事が出来ますね

玉川:という事は原子力と作るのと火力で作るのとでは施設費は原子力の方がやっぱり高くなるのですか?

大島:固定資産部分が大きいですね
燃料費では火力の方が大きいけど原子力は固定施設部分が大きいので原子力は利益を生む

玉川:電力会社としてはなるべく高い施設を作った方が利益が大きくて
結果として電気代も高くなるわけですよね

大島:そうですね

玉川:我々にとって、それ、よくない事ですよね

大島:以前の事業報酬の考え方は電気事業者の利益を保証してやることが
公益性が高いので必要なんだという議論から出来ているものですけど
今となっては、本当に3%という高率の利益があらかじめ保証されているというのは
一般的な常識からすれば何なんだと言われてもおかしくはないですよね


スタジオ
玉川:これですね、たとえば同じ電気を作るのに、安い発電所で作るのと高い発電所で作る場合
高い発電所で作った方が電力会社の利益になるという
後でもう一回ちゃんとやりますけれども

:だから原発をどんどんどんどん作ってきたという事なんですね

玉川:そういうふうに思うでしょ?
で、その部分についても、小出先生。新しく本を出しましたけれども、
この本の中にもコストの事は書いてありますけれども
小出先生はこれについて何とおっしゃるか。で、VTR

VTR
小出:国が誘導してきたという事なんですね。原子力発電所を電力会社にやらせるために

玉川:総括原価方式なんですけれども
これはどういう役割があったと先生は思われますか

小出:電力会社の試算に比例するという形で利潤が決められたが為に
電力会社としては資産を持てば持つだけ利潤が膨れ上がるという。そういう構造だったわけです
原子力発電所というのは1基造れば何千億円という資産になりますので
造ってしまえばもうそれだけ比例計算で利潤が懐に入るという
もう、とてつもないうまい方式で電力会社が優遇されてきてしまったのですね

玉川:同じ電気を作るのでもたとえば、火力発電所よりも原発の方が高い訳ですよね

小出:高いです

玉川:ということは、高い施設を造った方が儲けになるという事ですか


小出:そうです。そうです

玉川:そしたらやっぱり、高い方高い方っていきますよね

小出:そうやってきてしまったわけですね。今日まで。

玉川:という事は逆に言うと総括原価方式があったから利益を出す
民間企業ですから、
利益を出すために原発をいっぱい造ったという側面もあるんですか

小出:そうです
そのように、逆な言い方をすれば国が誘導してきたという事なんですね
原子力発電所を電力会社にやらせるために。

スタジオ
:えーっ
:ひどいですね

玉川:総括原価方式ってみなさんちょっとモヤモヤしているでしょ
ちょっと説明しますね
ここが違う利益の出し方
まずは一般企業は売り上げがあります
売り上げの中身はコストと利益に分かれるわけですね
普通の企業であれば利益を大きくするためにコストを下げる
だからみんなコストを下げる下げると言って頑張っているわけです
そうしないと利益が上がらない
じゃぁ
電力会社はどうなっているのか
まずコストがあるでしょ。このコストは何か
中身は「適正な原価」
どういうこと?人件費、燃料費、修繕費など
これが適正かどうかというのを審査してもらうんです
だから、人件費
今回ね、東京電力の社長とか役員が半分にします。役員報酬
半分にしたらいくらになったか。3000万
もと、7000万かよって話ですよね
それが適正かどうかも全部電力会社は決めてもらっているわけです
これがまず適正な原価
じゃぁ利益
利益はこことは違う訳ですよ
別に利益を考えるための「レートベース」がある
ベースってなんだって言うと、中身は固定資産、核燃料なんです
だから、どれくらいの金額の発電所を持っているかとかどれくらいの核燃料を持っているかというのを元にして
これに約3%をかける
この3%をかけた分が利益として計上されるわけです
で、原価と利益を合わせてこれが電気料金
これを単価で割って私達が払っている

:安全対策はどっちに含まれるんですか?レートベース?適正な原価のほう?

玉川:こっちです。適正な原価

:そっちに含まれているというのは問題ですよね
つまり、特定固定資産と核燃料と安全対策にかけるお金というのが右側(レートベース)にあったら
ひょっとしたら問題はもう少し小さかったかもしれないですね

玉川:からくりはですね
さっきからVTRにあるように、この報酬を大きくするためにはどうしたらいいですか?

:コストかければいいって事ですよね

玉川:そうなんですよ
だから、このコストがいっぱいあるほど利益が増えるようになっているんです

:民間企業って言えるんですか?

玉川:これでも一応民間企業なんですけど
全く逆の考え方になっているんですね

:商売敵がいないですからね

玉川:火力発電所よりも原子力発電所の方が高いとなればそれがいっぱいあった方が利益が増える

:原子力発電所を作ることに賛同を得るために「発電コストは安いんだ」という事を言い続けてきたという事ですか

玉川:まぁ、さっきの話しにかかわることではそうですね
だからここね、二つ問題があって
利益を出すためにはいっぱい高いものを持っていた方がいいという
普通と逆のことが起こることと
適正な原価
本当に適正なのかどうか
普通はここは競争で決まるわけですよね。どんどん安くしようと
でも、競争がないから「言い値」になるわけです
電力会社が力を持っているのは「言い値」」で買う訳ですよ
そうすると買ってもらう方からするとものすごくいいお客さんになる訳で
これで支配力があると古賀さんもおっしゃっているのですね

:こちらは買わざるおえないですもの。電気使わなきゃならないから

玉川:顧客のほうはね。電気を使う方は。
これ以外にもまだおかしなことがあるということで大島先生です

VTR

大島:もう一つ不思議なのは施設とともに事業報酬を計算する時には
資産の中に、レートベースというんですけど、
その中に使用済み核燃料が入っている

玉川:燃料というかゴミですよね

大島:一般的にはゴミです
だから、使用済み燃料をレートベースに入れるということには批判があります
やっぱりそれは使用済み核燃料であって資産ではないと

玉川:当然ですよね。ゴミだから

大島:でしょ。でもあれ、資産扱いされている。レートベースの中に含まれている
だから、使用済み燃料を持てば持つ程利益が出てくることになる

玉川:それはなんでですか

大島:笑)だからそれはおかしいです。合理的説明が付かないのです
使用済み燃料ってなんで資産扱いされているかというと「再処理をするので将来の資産だ」と

玉川:燃料

大島:燃料。資産なんだと。だからレートベースに入れるんだという説明ですけど
それは・・さすがにちょっと・・・あの、あまりにも・・ちょっとおかしいですよ

スタジオ

:うーーん

玉川:これね
利益を計算する元になるベースの中に核燃料どのくらい持っているかっていうのも入ってるって話しましたよね
これは、これから使う燃料だけじゃなくって、使い終わった燃料もここに入っているんですよ

:じゃ、どんどん利益が増えていきますね

玉川;増えるんです。どんどん どんどん増える
だからその、原発がいっぱいあると利益が増えると言う事だけじゃなくて
いっぱいあれば使用済み核燃料もどんどん増えてきます
それを持っていれば持っている程また利益が増えるんです

:再処理に明るい未来があればまだ、考え方が分からないでもないですがね

玉川:たしかに、再処理をするという前提に立てば、またこれも燃料になりますよと言う話しは
分からないではないんですが
今現在止まってますから

:これで電気代が上がって言ってるんですね

玉川:そうですよ。こうやってどんどん大きくして
もちろんこれも元にお金はかかるわけですが
ここを大きくして報酬が大きくなればなるほど電気料金は高くなる


:こうやって決まってるんですよ電気代

:えーっ。もう、すごいですよね
なんか、国が電力会社とタック組んで
国が原発を推進する代わりに電力会社が儲かる仕組みっていうか
なんか、共犯じゃないけど
国ぐるみで電力会社巻き込んでみたいな・・・
で、わたしたちが何も分からないところで話しをどんどん進めちゃってる

玉川:そう。まさに一体になって進めてきているというのがここからも分かるんですね
じゃぁ、総括原価方式ってやめられないんですか?
それを今までずっと進めてきたのが自民党だったので河野さんにお話しをうかがっています

VTR
玉川:そもそも総括原価方式っていうのは止めることはできないんですか?

河野:総括原価方式というのはむしろ、辞めなければならないものの一つだと思っています
今日本の電気料金が高いのは
一つは地域独占
東京電力の管内は東京電力からしか買えない
値段が高かろうがなんだろうが東京電力からしか買えませんということ
もう一つは発電と送電を東京電力が両方持っているので
他から、なかなか託送して電力を送ることが出来ない
それから3番目がこの総かる原価方式という国家社会主義みたいな値決めになっている
この3つをやめれば日本の電気料金はきちんと市場原理で決まってきますから
今よりもはるかに安くなってくると思います

玉川:今まで辞めた方がいいという話しは出なかったんですか?

河野:あの、ようするに、この3つを守るために
一生懸命、自民党に献金し、民主党には労働組合が票を選挙で稼ぎ
天下りを経産省から受け入れ、マスコミはお金を出して黙らせ
という事をやってきたわけですから
もちろん今までも総括原価方式はおかしいと
これがあるから原子力のような、巨大な投資を必要とするものが
むしろ好まれて入ってくるという議論はありましたけれども
それを止めようという声は、実はその利権の構造の中で、どんどん薄められてきてしまった
という事が現実だと思います

玉川:そこを突破するためには非常に大きな力が必要になると思うんですけれども
それは、今の民主党、今の自民党でできますか?

河野:やっぱり次の総選挙で総括原価方式なんてバカなものは法律を改正してやめます
電力業界を電力業界を普通の一般の業界に変えていきますということを
やはり、政党として訴えていかなければいけないと思います

スタジオ
:うーん・・・
:いやぁー・・・

玉川:これね、3本セットなんですよ
おっしゃってたように、地域独占、発送電一体、それから総括原価方式
これは絶対に譲れない部分
多分今でもそうです
今でもそうだからものすごい巻き返しに今出ているわけですね

:日々使っている電気なのに知らないことが沢山ありましたね

:とてつもないからくりだったっていう感じですね

玉川:で、結局国としては何としても原子力発電所を増やしたかったわけですね
もちろんそのためには民間企業にやってもらうんですから
国としては、民間企業がそれを進める飴というか
そういうものがないと進んでいかない訳で

:利益は保証しますよってことだったんですね

玉川:それもあるし、それから、
原子力発電が増えると利益が増えますよという
総括原価方式もアクセルに総括原価方式もアクセルになってきたという事は間違いないんです
で、なぜ、そこまでして国は原子力発電をすすめたかったのか。という部分になるんですが
これにはいろいろな見方があります
そのなかで、小出さんがこんな話しをされています

VTR

小出:原子力というものは私からみると核と同じものなんですね
日本人が言う「核」と同じものです
つまり、軍事利用と切っても切り離せない技術なのであって
国家としてはそのことを初めから知っていて
原子力の平和利用だと標榜しながらも
核兵器を開発する能力という技術的能力を保有し続けたいという思惑が
私は国にはずーっとあったと思います
いずれにしても日本の国というのは原子力をやると決めたのですね
やると決めた以上は民間企業を巻き込まないとできなかった訳で
そのためには電力会社にうまみを与えなければいけないと
その一つが総括原価方式で原発を誘導するという事だった


スタジオ

:これは福島の人が聞いたらどう思うんでしょうね

玉川:小出さんの見方は一つの見方ですけれども
結構新聞なんかでもね、朝日新聞なんか同じようなことを書いていますが
ま、そういう風な見方っていうものは全然荒唐無稽な話ではないと

:この方式というのは昔から言われていたんですか
:原発の運動をしている人の本なんかには昔から書かれていましたけど
:おかしいと
:あんまりそれが一般に広まる、知られるっていう事がなかったですよね
:それは何で広まらなかったんですか
:やっぱりさっき小出さんがおっしゃっていたようなことも原因しているんじゃないですか

玉川:ま、ガス料金なんかも総括原価方式で
電力料金だけがこうだって事でもないんですけれども
やっぱりこの方式というのはいろんな副産物とか別な意味もあったんじゃないかというのは
間違いないと思いますね

:これをやめて一般企業みたいな形式にすると
また、全然違う方向に進むと、玉川さん思われますか?

玉川:多分そうです
先週やった発送電分離をやって、競争が始まって
競争をするという事になると、やっぱりこの方式じゃダメだと思いますね
やっぱり、コストを減らして料金を下げると言う競争がはじまりますから
そうすると当然コレ崩れていくんで
で、河野議員もおっしゃってましたけれども、3つ全部変えないとやっぱり効果は薄いだろうねと
3つ一緒に変えればいろんな産業も進んでいくし
それに、電気料金ももっと安くなってくるんじゃないかという事です

:こういう思惑があるんだったら、本当に原発っているのかなって思いますよね
日本って世界で唯一平和的にも軍事的にも核の被害者じゃないですか
それなのに一方では核兵器を開発する技術を持っていたいみたいなこと言って
なんか、なんていうんだろう・・・きたない。みたいな。随分

玉川:ま、その辺は、軍事的な側面というのは安全保障的な面もあって
戦略なんだろうなと思うんですけれども
ただ、電気料金とそれは関係ないのでね
それはそれでちゃんと、正々堂々と議論してやればいいだけの話だと私は思うんですけどね

:今後選挙のこととか考えると、議員の方が積極的に変える方向に行くのかなと思うとかなり疑問なところもあります

玉川:ぼくは、さっき言った3本セットを含めた電力改革というのはひとつの踏み絵になると思うんです
一体それをやるのかやらないのかという事は
改革を進めるのか進めないのかという事とほぼ同義だと

:これも争点になったとしてもどこに入れたらいいかっていうね
:うーん
:なるほど
:だってね、民主党も自民党もそれぞれの立場でこれをどこまで反対するかって事ですよね

玉川:民主党は、一応、総理大臣が脱原発って言ってるんですけどね
みなさん忘れているかもしれないけれど・・

:私的な意見でしたなんてことをちょっと言ってあいまいになっちゃったじゃないですか

:あんなこと言っちゃダメですよ

:ね。がっがり発言ね。あれね・・

:いやぁ、でも、こういうからくりが電気料金に原発と関係が密接だったというのが
ちょっと、しらなかったですね。はい。



[PR]
by rock_bell | 2012-04-01 23:23 | PDのつぶやき | Comments(0)

故郷の震災前と後

こんばんは。
久しぶりに・・・
のPDです。
今日は、東日本大震災前と後の私の育った宮城県石巻市の地形をアップします。
c0193234_23544936.jpg
c0193234_2355189.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0193234_2356197.jpg

c0193234_23563085.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0193234_23565619.jpg
c0193234_23571622.jpg

[PR]
by rock_bell | 2012-03-24 23:58 | PDのつぶやき | Comments(2)

不妊症 卵子の老化

こんばんは。
のPDです。

今日は、日本国の悩み事を少し話します。
NHKでの話です。

女性の卵子は、老化するそうです。だから、不妊症になるというのです。
男は、精子ですから老化することはありません。
女性は、いくら見た目が若く見えても卵子を若返らせることは出来ないというのです。
芸能ニュースで40代の芸人が出産したことを報道されると、自分もそう出来ると勘違いする人が後を絶たないそうです。卵子は、生まれつき持っているもので赤ちゃんの時が一番多いそうです。そして、年齢を重ねるごとに減って行き、遺伝子も弱くなるそうです。妊娠適齢期は、20代までだそうです。遅くとも30代前半だそうです。40歳を超えると、妊娠できる確率は、30パーセントだそうです。不妊治療を受けて子供を産める人の割合は、30代で18パーセント。40代で6パーセントだそうです。体外受精をしても産めない確率が、80パーセントを超えるということです。
 何故、このような悲劇を生んだかというと、教育の不徹底であり、性病の避妊を中心に教育をしてきたことによるものと社会的に共働きに於いて責任ある立場の年齢と重なる為という見方と芸能ニュースの認識不足という理由が大きいようです。
 今現在の研究では、若い時の卵子を液体窒素で保存する人も現れてるそうです。
また、医療分野の研究では、若い人の卵子に老化した卵子の核だけを取り出して若い人の卵子に移植する研究も盛んになっているようです。
 日本は、高齢社会です。それでいけません。どんどん子供を産んでもらいたいのでこの記事を書きました。

[PR]
by rock_bell | 2012-02-14 20:35 | PDのつぶやき | Comments(0)

被災地の事業

もうすぐクリスマスですね。
のPDです。

被災地への臨時補正予算が組まれ、復興の為に自治体ごとに地元住民の自由な発想で自由なお金の使い道があるのかと思いきや、国からは雁字搦めで使途を指図されてしまいましたね。
自治体には「土地柄」という特性をフル活用を出来る地元の強みがあります。それは、自治体ごとに特性が違うのですから、住民たちが自分たちに必要なものを自分たちで考え答えを出させるべきだと思います。そのリーダーが市長・町長・村長なのだと思います。
自治体は、地元を潤す必要があります。その為には、自治体が会社を作ることが望ましいと思います。地元の人が労働者です。仕事を失った人の中には、多くのその道のプロッフェッショナルがいるはずです。その力を活かして、会社を盛り上げて、法人税や所得税や県税・市民税・健康保険料などを落としていけばいいと思います。自治体のリーダーという権力を存分に生かして、復興に役立てる前向きな姿勢を見せてもらいたいと思います。何かを国からやってもらうことを期待する時期は過ぎました。もう既に、各自治体の復興競争が始まっています。取り残された自治体は、やがて、住民から見放され、地元から出て行くことでしょう。なぜなら、未来のビジョンがリーダーーから見えてこないのですから。

方法の一つとしては、産直出来る多きなモール街を作ること。
そこに農家の人たちが出入りできるようにする。
観光ルートになるように旅行会社と商談する。または、観光会社を作る。産直で買ったお客さんは、地元の運送会社で宅配できるようにセットされる。
‥等・・・
私の同級生の安住淳も財務大臣など辞めて、地元に凱旋し、小選挙区でお世話になった住民と共に復興に寄与すればいいものを。今の地位は、石巻市の後援があったからなんだから。
もう、中央には用はないでしょうに。
       以下省略
[PR]
by rock_bell | 2011-12-18 19:00 | PDのつぶやき | Comments(0)

被災地石巻市でのディズニーパレード

こんにちは。
寒い寒い季節ですが、みなさんいかがお過ごしですか?
のPDです。

私の実家は、宮城県石巻市であり、18歳までそこで暮らしていました。
その後に大学入学ために上京して来ました。
今年の3月11日の大震災により実家近隣は壊滅状況になり、復旧に時間がかかることは覚悟していました。そんな中、あのディズニーリゾートのオリエンタルランドから石巻市に連絡があり、是非、石巻の為にパレードさせてさせて欲しいという話が持ち込まれました。
何ということでしょう。夢のようなお話でした。
町中が落ち込んでいる気持ちの中に希望の光が差し込んで来ました。
しかし、中には「たった一日のパレードで何が出来るんだ?終われば、また元の暮らしに戻るではないか・・・」という声もありました。
でも、その夢のパレードを実現させるためには、パレードできる状態の町の大掃除が必要なのです。また、復旧を急がねばならないのです。近日の夢実現目的が出来た今、目標が生まれたのです。
楽しみがこの先にあるです。
そして、パレード当日が来て、時が過ぎて行っても、良き思い出として残るのです。また、石巻に駆けつけてくれた、ディズニーリゾートの心意気に感謝の心も生まれるのです。
決して、『たった一日のパレード』に留まらない出来事だということです。

また、ボランティアで宮城に来て、不登校の子供達に勉強を教えている人たちがたくさんいます。これは、感謝ですね。未来の日本を支える子供達ですから、宝物です。
ただ、日本は学校の卒業証書が必要で、上の学校へ行くには必須ですから、ボランティアの人たちに仮免許を与え、子供達に試験を受けさせて合格者には、卒業資格を与えられる制度を文部省が認めるように努めて欲しいですね。
ボランティアの人たちは、「責任が重いのです。」
お金を貰ってないから中途半端な子供の教育をしていいわけはありません。

ということで、下記は、被災地石巻市のディズニーパレードです。

http://www.youtube.com/watch?feature=fvwp&NR=1&v=RYVOBxEKmUc


http://www.youtube.com/watch?v=ZnNPIcc-RGU&feature=related
[PR]
by rock_bell | 2011-12-14 15:50 | PDのつぶやき | Comments(0)

流山市手をつなぐ親の会本番

昨日は暖かな一日でした。
のPDです。

たくさんの来場者がありました。
しかし、スポンサーである流山ライオンズクラブからは不満の声が上がりました。
それは、「主役は親の会の子供達」であるべきなのですが、出演者が主役になっている出し物が多くあったことです。出演待ちの状態の時にロビーで記念撮影がたくさん行われ、出演時間が3分~5分くらい遅れることが度々あったことによって、会場で観てる側としては、流れが中断していることになっているからです。また、会場ではたくさんのビデオ撮影が行われてしまい「保育園の発表会状態」になってしまいました。
この度のライブは主催者や親の会の子供たちに対して、大変申し訳ないものとなってしまいました。

『誰の為のクリスマス会』なのかを見つめ直す反省です。
来年、もう一度チャンスを頂ければ、ライブの出し物のバランスを考慮します。

この度、ご協力いただいたチームのみなさんには、御礼申し上げます。参加してくれた子供達には一生懸命練習し踊ってくれた努力に感謝します。
 
合唱に於いては、「輝く大地~流山」「ともだち」を歌いましたね。
フレッシュタンポポは、かわいいです。指揮者が、感動してまた涙を流していたようで、指揮を間違えていたようです。笑
でも、涙が出る本番はいいものです。歌は、「ただ上手い人」など世の中たくさんいます。そんなのは目指していません。「伝えたいこと」「歌う人の気持ち」「本番までのプロセス」「指揮者のメンバーへの思い」「歌の秘話」・・・・たくさんの思いが心を揺さぶり感動しますね。それが、音楽の力ですね。
オリジナル曲「ともだち」は、たくさんの人に愛されているんだなあ・・・と感じています。
単なる「流行歌」で終わるものではなく、永遠に歌い継がれて欲しいですね。
この歌詞を噛みしめてみて歌っていただけたら・・・と、そう思います。

[PR]
by rock_bell | 2011-12-05 21:25 | PDのつぶやき | Comments(0)

台風12号

こんばんは。
8月も今日で終わりです。明日から9月ですね。
のPDです。

終戦日から新たな年月を数える人たちがいるように、この度の震災も3月11日から暦をカウントする人がたくさんいます。
台風12号が北上している中で西日本に進路をとっているようです。ずれてきました。関東を避ける進路になっているようです。
そんな台風の中継をするテレビレポーターが、台風の現地で防波堤上にてレポートをしていました。テレビカメラは、レポーターの正面から映しています。レポーターの後ろは危険な台風の海の荒波が見えます。そのレポートの瞬間、これまでにない大きな波がレポーターを襲いかかりました。レポーターは、足をすくわれそうになりましたが、何とか立て直し海にさらわれずに済みました。
 テレビ局は、レポーターの命など考えているとはとても思えないものでした。現場のディレクターの指示なのか、レポーターの意思なのかはわかりませんが、単なる視聴率稼ぎとしか見えませんでした。今回の震災の津波を全く学んでいるとは思えませんでした。命をなんだと思っているのでしょう。
[PR]
by rock_bell | 2011-08-31 19:02 | PDのつぶやき | Comments(0)


世界平和の心を伝えたい


by rock_bell

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

最新のコメント

千葉県流山市のロックベル..
by rock_bell at 15:39
爽やかな曲が出来ましたね..
by isao1977k at 00:10
流山が、新しいことばかり..
by rock_bell at 00:36
楽しそうな歌ですね。 ..
by isao1977k at 11:12
それはもう、握手攻めでし..
by rock_bell at 23:59
施設訪問したのですね。 ..
by isao1977k at 11:49
世界の・・・ですね。
by rock_bell at 23:47
素晴らしいですね。 こ..
by isao1977k at 04:36
1人ではとてもとても・・..
by rock_bell at 02:03
たくさんのアーティスト達..
by isao1977k at 11:47

最新の記事

流山市制50周年 歌の日コン..
at 2017-08-04 21:55
流山市制50周年 歌の日コン..
at 2017-08-04 21:53
第4回 流山市歌の日コンサー..
at 2017-08-04 21:51
流山市制50周年
at 2017-07-07 00:01
流山市制50周年記念 流山市..
at 2017-07-06 23:59

お気に入りブログ

hikaru~毎日がスペ...
クロマチック・ハーモニカ...
男声合唱団Chor’99
FREELY(団名:「瀬...
Colocasia's ...
鹿児島市の混声合唱団フリ...
合唱人生
「あじさいの会」オフィス...
高崎コスモス合唱団
羽根をつけて
耀やく日々
新潟オペラ合唱団 《新潟...
どたばた合唱部の愉快な日常
猫イズム
合唱団 第二中学校
北部センター合唱団
混声合唱団NOVA VOCE

外部リンク

カテゴリ

ニコニコ動画
お知らせ
団員紹介
練習日記
録音
合唱団日記
PDのつぶやき
お願いごと
お礼
ユーチューブ
ライブ
ZOOME
日々の出来事

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

タグ

★掲示板★

ROCKBELL1991
-You Tube-


[旅立ちの日に(アレンジ) ]
[流山テーマソング 輝く大地~流山]
[みんなで歌おう大合唱3(2011.1.22)]
[みんなで歌おう大合唱2(2011.1.22)]
[みんなで歌おう大合唱1(2011.1.22)]
[勇気の翼アドベンチャー (2010.12.12手をつなぐ親の会11) ]
[ともだち(2010.12.12手をつなぐ親の会10) ]
[希望のメロディー(2010.12.12手をつなぐ親の会9) ]
[小さな世界(2010.12.12手をつなぐ親の会8) ]
[銀河鉄道999(2010.12.12手をつなぐ親の会7) ]
[夢よ希望よ世界へ羽ばたけ(2010.12.12手をつなぐ親の会6) ]
[夢よ希望よ世界へ羽ばたけ(2010.12.12手をつなぐ親の会5) ]
[夢よ希望よ世界へ羽ばたけ(2010.12.12手をつなぐ親の会4) ]
[夢よ希望よ世界へ羽ばたけ(2010.12.12手をつなぐ親の会3) ]
[夢よ希望よ世界へ羽ばたけ(2010.12.12手をつなぐ親の会2) ]
[2010ウエルカムトゥクリスマス(2010.12.12手をつなぐ親の会1) ]
[HANZOのウェルカム トゥ クリスマス]
[クリスマスメドレー]
[ともだち(混声三部合唱)]
[男道(マングーススピーディ高橋選手入場テーマ曲)]
[今でもあなたは生きている]
[そのままのあなたの道をー聖歌隊.wmv]
[そのままのあなたの道を]
[夢よ希望よ世界へ羽ばたけH.wmv]
[真夏の青空にKISS~アキラパン]
[夢よ希望よ、世界へ羽ばたけ!]
[希望のメロディ ライブHANZO]
[踊りましょう!]
[夏の宝石]
[真夏の青空にキスをして~PD]
[夏の青空にキスをして.wmv]
[勇気の翼 イルージョン.wmv]
[勇気の翼アドベンチャー]
『ともだち』フルコーラス視聴


・希望のメロディー(NEW)発売中

※CDの詳細・申し込み
※お問い合わせ

・CD[愛の菊]

※CDの詳細・お申し込み・各種お問い合わせ
※視聴できます。

売上金の寄付金のお知らせ

★代表挨拶★

皆さん、ロックベル合唱団のプロデューサーPDです。帽子を常にかぶる中年オヤジです。ロックベル合唱団は、『ともだち』という曲からスタートしました。その時の思いです。【歌を通して人種・老若男女問わず、世界平和の心を伝えたい】

作曲・編曲・奏者を担当しております、ロックベルです。私は17歳の女子高生です。ロックベル合唱団は、『ともだち』という曲からスタートし、その時の思いです。【ケンカをしないで、歌ってみて。ほら、そこには笑顔が見えるでしょ】

★団員募集
 ロックベル合唱団の曲をいっしょに歌いませんか?ロックベル合唱団(千葉県流山市南流山)では団員を随時募集しています。合唱団の主旨に賛同し、ロックベルの歌を歌ってみたい人は是非!入団ご希望の方は、ブログコメント欄に
 1.お名前
 2.ご住所
 3.電話番号又はメールアドレス
 4.年齢(制限はありません)
 5.職業

※非公開ボックスにチェックを入れてください。
またはこちらのフォームよりお問い合わせください。
上記を明記の上、お気軽にお問い合わせくださいね。私たちと一緒に、愛と平和の曲を世界中に広めましょう!
また、ロックベル合唱団ホームページでは、相互リンク大歓迎です!何卒宜しくおねがい致します!

ロックベルのブログ

ベルの音楽館

ロックベル合唱団の視聴用ブログです。

design and illustration『isao』





クロマチック・ハーモニカ教室クラブ活動

混声合唱団 カンティアーモ

混声合唱団 カンティアーモブログ

HANZO office

OFFICE HANZO BLOG

ヒデコプロモーション-花岡優平オフィシャルサイト

合唱の輪

全日本合唱連盟

合唱・コーラス あれこれ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
ボランティア

画像一覧